驚愕の産休事情 in Hawaii

アロハ!

 

実は今うちの会社でベビーラッシュが続いています(#^^#)/

そこでビックリしたのがハワイの産休事情。

 

以前インタビューさせていただいたDuo TherapistのAさんも先日産休に入りました。

何と出産予定日約5週間前!!!(予定では2週間前から産休に入る予定だったみたいです!)

 

ハワイ州は有給制度でTDI (Temporary Disability Insurance) というのがあり、これは妊娠だけでなく他の病気や怪我にも対応されているシステムです。

ただしこれは、この一時的休暇 に入る前、14週間は週20時間以上働いていないといけなかったり、過去52週間の間週$400以上の収入がないといけないという条件をクリアしないともらう権利がありません。
これは収入の58%又は週額$552以下と決まっていて、最高26週間もらえます。
妊娠の場合、ドクターズノートをもらえば何週間前からでももらえます。
産後は普通の分娩(経膣分娩)で産後6週間まで、帝王切開で8週間と決まっているそうです。これは伸ばすの難しいかもしれません。
こういう事情から、産休はみんなTDIの貰える範囲でとるそうです。若くて健康な妊婦なら出産予定日の2週間前から産後6週間の計8週間又は帝王切開の場合産後8週間の計10週間だそうです。

(※会社によっても産休期間・保険等は違います事もあります。それぞれの会社にご確認下さい。)

 

物価が高いハワイでの生活で、産休の間の有給は凄く大事です。その為すぐに仕事に復帰する新米ママも少なくありません。

「母は強し」と言いますが、ハワイの女性は本当にタフです!!

 

 

これから出産を控えている方。初めての出産だと不安はたくさんあると思いますが、周りの人達からもアドバイスをもらいながらベストな産休を取って下さいね!